HOMEサウンドスフィア>ノーブルシリーズ
 

サウンドスフィア・ノーブルシリーズの多目的吸音材パネル
「SLOPEY(スローピー)」

3面で構成された、見たこともないユニークな形状。緻密に角度調整されたその面が、これまでにない多彩な音空間を作り出します。
SLOPEY(スローピー)には4種類の目的別構造がラインナップされており、同じデザイン形状なのに、吸音から拡散までを、デザインや色を統一して入手でる点が大きな特長です。

構造ラインナップは、全面吸音タイプ、全面拡散タイプ、中心拡散両脇吸音タイプ、中心吸音両脇拡散タイプの4種類です。
これまでの吸音材パネルは吸音なら吸音、拡散なら拡散でデザインや形状も全く別の物でした。ですから、両方の調音資材をスタジオやオーディオルームに施工した際、どうしてもまとまりのない雰囲気が否めませんでした。しかしSLOPEY(スローピー)は、全く同じルックスで両方の機能を選べるという新発想の吸音材パネル。
美観を損なわず自由に音空間をアレンジすることができます。

また、同一のパネル内に吸音と反射を同居させたタイプを使えば、これまでのように吸音の壁と反射の壁を決め込む労力や聞こえのアンパランスを気にせず、壁全面において統一した反響環境を作ることが可能です。
 
 

レコーディングやライブハウスの現場に対応

SLOPEY(スローピー)は壁から簡単に取り外しが出来る吸音材です。
吸音や拡散の4タイプを簡単に付け替えることが出来るので、好みや意図、楽器の特性に応じて自由に音空間をアレンジできます。つまり、これまで場所で選んできたデッドとライブの環境をその場で作り出すことが可能となります。
  また、複数の楽器を同室で使用する場合でも、各面に独自計算の角度が付けられているので、イレギュラーな方向からの音源に対しても、単純な平面構造の吸音材パネルや細かい突起のあるものより、効率よく自然な吸音もしくは反響が得られます。
さらに、SLOPEY(スローピー)には吸音と同等以上の遮音性が備わっているので、既存のパーティションに貼って楽器間を間仕切りすると、レコーディング時のクロストークも大幅に減少させることができます。
 

YouTuberにもジャストフィット

ゲーム実況や商品紹介などは、どうしても物音や大きな声を出してしまいがちです。一軒家ならともかく、賃貸での収録は近隣への気遣いが大変です。また、収録に慣れてくるとこれまで気づかなかった部屋の反響音が、意外と動画の質を下げている事にも気づかされます。
このような問題に対処できるのもSLOPEY(スローピー)の良さ。反響音を抑えるとともに、それ以上の効率で遮音することが可能。
例えばモニターの裏側つまり、マイクの裏側の壁にビシッと張り込めば、部屋に声が反響するのを抑え、壁に伝わる音量も半減します。それでも体の向きなどで反響が気になる場合は、別の壁にも張り付けることでほぼ響かない(デッドな)状態を作ることができます。ちなみに、音源近く以外の部位の反響対策にはスリムでリーズナブルなネクストシリーズのTILEもお勧めです。
また、取付けの際、壁へのダメージが気になる所ですが、SLOPEY(スローピー)はホチキスで取付ける吸音材パネルなので、賃貸契約で画びょうOKなら、心置きなく取り付けられます。
また、取付けは基本的にアイアンシートとマグネットシートを利用しているので、画びょうNGでも養生テープに付属のアイアンシートを両面テープで張り付ければ、退室の際の面倒を考えずに何処にでも取付けられてしまいます。
 
   
 

リビングシアターをホームシアターレベルに

昨今のホームシアターは、一昔前のような改装工事をせず、手軽に設備を整えた状態のものが主流でリビングシアターなどとも呼ばれます。しかし、専用に作りこまれたものに比べると、やはり音の環境はどうしても物足りない状態になってしまいます。せっかくのオーディオ装置なのに、映画のセリフが聞き取りづらかったり、爆発シーンなどでは音が飽和状態になって頭がクラクラしたりと、納得がいかないと思います。
このような不満をスッキリさせるのもSLOPEY(スローピー)の特長。リビングシアターでは、主に吸音タイプを使用し、スピーカーの裏側と座席の両脇方向に最低限取り付けるだけでも、見違えるほどの良好な音環境を実現できます。また、表面は高級生地仕上げでカラーラインナップも豊富なので、吸音材特有の無機質感がなく、一般家庭のリビングにもしなやかにマッチさせることができます。
 

お店に新しい付加価値を

飲食店などでは、立地や味、内装や備品などで他社との差別化を図り、ビジネスを成立させていると思います。そこに更なる差別化のアイテムとして利用できるのがSLOPEY(スローピー)です。
衣装性と高い吸音性を備えているので、お店の雰囲気にマッチングさせながらも、今までになかった「音環境の良いお店」が実現します。つまり「会話がしやすい」「BGMがきれいに聞こえる」「必要以上に騒がしくない」「落ち着いた空間になる」等居心地の良さを演出します。
SLOPEY(スローピー)を取付けることで、まずお店の中がわんわん響くのを防ぎます。もちろん、それ自体が雰囲気という場合もあると思いますが、えてして響きすぎは落ち着かない原因となります。また、お客さん同士の会話が聞き取りづらければ「そういうお店」ということになってしまいます。また、お店側にとってもお客さんの呼ぶ声が聞こえずクレームをもらったり、注文が聞き取りづらかったりすることが避けられます。こだわりのBGMを流していても、声や物音、屋外の雑踏音にかき消されて雰囲気づくりが台無しという事もあります。
これらの、ささやかですが気づきにくく、知らず知らずのうちにストレスへと発展していく問題もSLOPEY(スローピー)なら解決できます。

     

@ 全面吸音タイプ

  【品番:SP450K0】
全ての面で吸音するタイプです。
3枚で構成された傾斜パネル全てが高い吸音効果を持ちます。より吸音効果が必要な場面での使用がお勧めですが、吸音材パネルを初めてご使用になる方には、まずはこの全面吸音タイプがお勧めです。
2枚一組での販売になります。
カラーは、ラインナップの中からお選びいただけます。
 

A 中心1面拡散タイプ

  【品番:SP450K1】
中心の1面で拡散し、両脇の面で吸音するタイプです。
SLOPY(スローピー)の真骨頂の一つであるハイブリッド構造です。
やや吸音しすぎていて、反射音が欲しいという場面での使用が基本です。ハイブリッドタイプは主に繊細な音響チューニングを必要とする場面で、高い効力を発揮します。
2枚一組での販売になります。
カラーは、ラインナップの中からお選びいただけます。
 

B 両脇2面拡散タイプ

  【品番:SP450K2】
両脇の2面で拡散し、中央の1面で吸音するタイプです。
SLOPY(スローピー)の真骨頂の一つであるハイブリッド構造です。
全面での反射が強すぎる場面か、程よい吸音が欲しい場面での使用が基本です。ハイブリッドタイプは主に繊細な音響チューニングを必要とする場面で、高い効力を発揮します。
2枚一組での販売になります。
カラーは、ラインナップの中からお選びいただけます。
 

C 全面拡散タイプ

  【品番:SP450K3】
全ての面で拡散するタイプです。
3枚とも音を反射させるパネルで、主に音源の強さを軽減したり、適度な広がりを必要とする場面で使用します。
また、スタジオなど、広い面積に多く張り付ける際は、全面吸音タイプと組み合わせることで、大サイズのハイブリッド吸音材パネルとして作用させられます。
2枚一組での販売になります。
カラーは、ラインナップの中からお選びいただけます。
 

※モニター環境により、実際の色味とは違って見える場合があります。

■ ベージュ
 
■ ブラウン
 
■ ブラック
 
■ カーキ
 
■ レッド
 
 
 
 
 
NobleSeries
 
Amazon 販売ページへ
 
   
 
 

お問い合わせ/ご注文


株式会社コスモプロジェクト
【東京本社】03-5909-3218   【長野支社】0266-66-2191   【福岡支社・工場】0944-74-6088

会社概要リクルートENGLSHリンク個人情報について著作権サイトマップ製品一覧

03-5909-3218

Eメールでのお問い合わせ
 
 
 
製 品
羊毛断熱材サーモウール
パワーマックス
サーモウールボード
 
消臭パネル 林薫
消臭畳 あおば
 
サウンドスフィア
カジュアルシネマ
  サービス
インフォメーション一覧
企業理念
イベント情報
 
オンラインストアー
おすすめ製品
最近よくいただくお問い合わせ
 
                   
Copyright (C) 2017 COSMO PROJECT. All right reserved.
Copyright (C) 2017 Hill Billy visual entertainment. All right reserved.